ソーシャル・コミュニケーションリーダー養成講座 (トライアウト版)

「チーム全員が納得し、一致団結できるような意思決定をしたい」
「専門分野や立場が異なるメンバーと、円滑に仕事を進めたい」


日頃このようなことを考えながらも、従来のコミュニケーション方法のまま、プロジェクトを進めてしまっていませんか?

職場や地域など、あらゆるコミュニティにおいて文化や価値観、技能が多様化・高度化しており、いま、様々なフィールドで横断的に活躍し、「集合知」を生み出すことができる人材が必要とされています。

本講座では、このような人材は「ソーシャル・コミュニケーションリーダー」と位置付け、個々の多様性を活かして新たな価値を創造する「コミュニケーション環境のデザイン」と「ファシリテーション」の技術について学びます。それぞれの専門家によるリレー講座形式で、「理論と実践」「科学とアート」のクロスオーバーによる学びを通じて様々なフィールドで越境的・横断的に活躍する力を育みます。

Free HTML5 Bootstrap Template

受講生募集!

トライアウトにつき参加費無料

受講期間:2020年11月7日(土)-12月12日(土) (全6日開催)
開催方法:オンライン会議システム zoom
お申し込みいただいた方に参加アドレスをお伝えします

お申し込み

講師紹介

仮

いいむろなおき 
マイム俳優・演出家・振付家

兵庫県立宝塚北高等学校演劇科卒業後、1991年に渡仏。パリ市マルセル・マルソー国際マイム学院入学。1994 年同学院卒業後、ニデルメイエ国立音楽院コンテンポラリーダンス科最上級クラス入学。翌年、審査員全員一致による金賞で首席卒業。1998 年に拠点をフランスから日本に移し、「いいむろなおきマイムカンパニー」の名称で活動開始。舞台公演、ワークショップや外部指導、マイム演出、海外フェスティバルへの参加等、幅広く活動中。

[受賞歴等]
2005年 平成17年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修員
2009年 第3回世界デルフィックゲーム大会[即興マイム部門] 金メダル受賞
2011年 平成23年度兵庫県芸術奨励賞受賞
2019年 第8回 KOBE ART AWARD 大賞受賞




加賀美先生

加賀美太記(かがみたいき)
就実大学経営学部准教授

専門はマーケティング論、流通論、協同組合論。

京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。京都大学博士(経済学)。
共著に『協同による社会デザイン』(小木曽洋司・向井清史・兼子厚之編著、日本経済評論社)、 『グローバル競争と流通・マーケティング』(齋藤雅通・佐久間英俊編著、ミネルヴァ書房)など。
訳書にブレンダ・スターンクィスト『変わる世界の小売業』(共訳、作品社)などがある。









中脇先生

中脇健児(なかわきけんじ)
場とコトLAB

“その場にいる人とその場だからできるコトを考える”をモットーに、「場とコトLAB」を2012年よりゆるやかに立ち上げ、2016年本格始動。 14年間、伊丹市文化振興財団に所属し、地域と連携して手がけた「伊丹オトラク」「鳴く虫と郷町」は、いずれも街ぐるみの規模となり、10年以上続く。「遊び心」をキーワードに、アート、コミュニティプログラム、地場産業支援、教育、福祉など活動は多岐に渡る。近年はファシリテーションやワークショップの専門家育成にも努める。
共著に『タウンマネージャー』『地域×クリエイティブ×仕事 ~淡路島発ローカルをデザインする~』(ともに学芸出版)。

NPO法人こととふラボ 理事
大阪芸術大学 芸術計画学科 特任准教授
天理医療大学 非常勤講師
京都芸術デザイン専門学校 非常勤講師

NPO法人ワークショップデザイナー推進機構副代表理事(2020年3月解散)
京都造形芸術大学 アートプロデュース学科 非常勤講師(2009年〜2019年)





益井先生

益井博史(ますいひろふみ)
一般社団法人ビブリオバトル協会

2016年から2018年まで、青年海外協力隊としてソロモン諸島イザベル州教育局に赴任し、小・中学生の読書推進活動に携わる。学校へのビブリオバトルの導入に務め、8島で計102回実施し、延べ約3,000名が参加した。

帰国後、ビブリオバトル考案者の谷口忠大氏(立命館大学情報理工学部教授)の研究室で、コミュニケーション場のメカニズムデザインの研究に従事。現在は一般社団法人ビブリオバトル協会理事として、講演・執筆等、ビブリオバトルの普及活動を行っている。

一般社団法人ビブリオバトル協会 理事
ビブリオバトル普及委員会 理事 関西・中国地区 地区代表
立命館大学情報理工学部創発システム研究室客員研究員
[著書]『ソロモン諸島でビブリオバトル』(子どもの未来社)
Bibliobattle of the Year 2016 大賞 受賞




八巻先生

八巻惠子(やまきけいこ)
就実大学経営学部教授、北陸科学技術大学院大学教育連携客員教授。博士(文学)

専門は文化人類学、経営人類学。ルフトハンザドイツ航空に勤務しながら総合研究大学院大学文化研究学科中退、京都大学経営管理大学院研究員、東京国際大学客貝講師、東京工業大学特任講師、広島大学特任准教授を経て現職。旅、観光、移住など人の移動に伴うサービス についての研究を行っている。

著書『国際線客室乗務員の仕事· サービスの経営人類学』(東方出版)
編著『企業経営のエスノグラフィ』他
平成26年度『旅の文化研究奨励賞(旅の文化研究所)』受賞






山田先生

山田 哲弘(やまだ てつひろ)
公益財団法人岡山県環境保全事業団 環境学習センター「アスエコ」 所長
公益財団法人おかやま環境ネットワーク 理事

岡山の自然を愛する48歳。約20年間,県内の生きものの調査及びその保護保全に関係する業務や、自然を舞台とした企画、自然の素晴らしさや大切さを伝える指導者の育成に深く関わる。このほか身近な自然を五感と心で捉えるネイチャーガイドを通して、自然の重要性を伝えている。特技は「合気道」、趣味は「マラソン」と「フィッシング」。

FM岡山「A Touch Of Breeze」、Oniビジョン「てっちゃん先生のドキドキ☆環境情報局」、山陽新聞さんデジ「てっちゃん先生のネイチャーレポート」などで身近な自然の素晴らしさや環境情報を発信している。






rengyo

蓮行(れんぎょう)
劇作家、演出家、俳優、劇団衛星代表
大阪大学大学院人間科学研究科特任研究員

「小劇場での演劇でしか絶対に表現できない舞台表現」を極めるべく、1995年に劇団衛星を設立。京都を拠点に、既存のホールのみならず、寺社仏閣・教会・廃工場等「劇場ではない場所」で公演を数多く行い、茶道劇「珠光の庵」や裁判劇「大陪審」などの代表作を全国で上演する。 同時に、演劇の持つ社会教育力に着目し、そのポテンシャルを利用したワークショップ事業を多く手がける。並行して研究活動に取り組み「演劇のないところに演劇を送り込む」活動を幅広く展開している。

[著書]蓮行,平田オリザ「演劇コミュニケーション学」日本文教出版,2016年 / 平田オリザ,蓮行「コミュニケーション力を引き出す:演劇ワークショップのすすめ」PHP新書,2009年





講座内容

日程

11月 7日(土)10:00~13:00/14:00~18:00
11月14日(土)10:00~13:00/14:00~18:00
11月21日(土)10:00~13:00/14:00~18:00
11月28日(土)10:00~13:00/14:00~18:00
12月 5日(土)10:00~13:00/14:00~18:00
12月12日(土)10:00~13:00/14:00~18:00

定員

20名

受講料

無料

対象

一般社会人・学生

会場

zoom (お申し込みいただいた方に参加アドレスをお伝えします)

申込先

こちらからお申し込みください。 お申し込み