Free HTML5 Website Template

ソーシャル・コミュニケーションリーダー養成講座とは

企業における会議、学校やワークショップ等の学習の場、高度な専門家同士の知的生産の場といったさまざまなコミュニケーションの場面において、個々の多様性を活かすコミュニケーション環境をデザインし、ファシリテートすることのできる支援人材を養成する講座です。

それぞれの専門家によるリレー講座形式となっており、理論と実践、科学とアートのクロスオーバーによって学び、様々なフィールドで越境的・横断的に活躍する力を育みます。

講座内容・日程

【講座の特徴】

  1. 理論と実践を両輪として学ぶ
  2. 科学とアートを交差して学ぶ
  3. 多様なバックグラウンドを持った人々と学ぶ


【カリキュラム】

42時間のカリキュラムは、「演習」「研修」「実習」の3つの科目で構成されています。

演習科目
(21時間)
大学でコミュニケーションやアクティブラーニング、教育学について研究・実践をしている研究者や、プロの芸術家による講義を受ける科目です。理論とアクティビティを通じてコミュニケーション、ファシリテーション、学習についての知見を得ることをねらいとしています。
研修科目
(6時間)
ファシリテーターとして実際に現場で活躍されている方や、前期修了生の方々の実践を体験する科目です。現場でおこなわれている実践を体験することで、自身が「実践者」側に回るときのヒントとアイデアを獲得することをねらいとしています。
実習科目
(15時間)
これまでに学んだコミュニケーションデザイン技法を実際に用いて、受講生同士の相互アクティビティを実践します。デザイン技法を実際に活用することで「使える技術」として体得することをねらいとしています。



【身につける能力】

  1. 受講生本人が、コミュニケーション環境のデザイン、ファシリテーションの方法論を理解し、習得した技能を自らのフィールドで活用できるようになること。
  2. 受講生同士が、知と実践のネットワークを自ら構築し、継続的にコミュニケーションリーダーとして相互研鑽できるようになること。


【講座日程詳細】

日程 2020年5月31日(日)~2020年7月26日(日)延期いたします。新たな開講時期は決定次第ご案内します。

日程 区分 講師 タイトル 概要
5/31(日)10:00~18:00 演習 蓮行 オリエンテーション/演習1
『ワークショップとは? 演劇を活用したアクティビティとファシリテーション基礎編』
「ワークショップ」についての基礎講義と演劇的手法を用いたアクティビティを体験し、動的判断による場のデザインの理論と実践を学ぶ。
演習 塩瀬隆之 演習2
『創造性と多様性を活かすコミュニケーションデザイン』
「伝わるとは何か」という根源的課題を考える。会議参加者の思考を刺激する「深い問い」のデザイン、秘められたアイデアを引き出し、創造的対話の場を生み出す手法を体験する。
実習 講義のふりかえり
6/7(日)10:00~18:00 演習 岡田浩 演習3
『薬局での臨床研究におけるコミュニケーションのアウトカム』
日本で実施された薬局での薬剤師による糖尿病と高血圧患者への介入研究:COMPASSプロジェクトを題材に、医療者による慢性疾患患者の支援方法、医療者の観点から見たコミュニケーションを学ぶ。
演習 いいむろなおき 演習4
マイムから学ぶ非言語コミュニケーション
マイム実践を通じて自身の身体・動作を意識的に観察する。表情・動作・振る舞いによる非言語コミュニケーションのエッセンスを学ぶ。
実習 講義のふりかえり
6/21(日)10:00~18:00 演習 朽木順綱 演習5
空間デザインからみたコミュニケーションのかたち
実習 コミュニケーションデザイン相互実践 相互ワークにむけての準備
6/28(日)10:00~18:00 研修 前期生 研修1
前期生ワーク
3期生によるワークショッププログラムを体験
研修 奥野美里 研修2
議論を見える化する”グラフィック・ファシリテーション
「伝わるとは何か」という根源的課題を考える。会議参加者の思考を刺激する「深い問い」のデザイン、秘められたアイデアを引き出し創造的対話の場を生み出す手法を体験する。
実習   コミュニケーションデザイン相互実践 相互ワークにむけての準備
7/12(日)10:00~18:00 演習 城下英行 演習6
『まなびのための防災教育のデザイン』
防災活動に主体性に取り組み、想定外の事態への対応力を高めるためには、これまでの「知識伝達型」防災教育だけでは不十分である。 市民も防災活動に「関わる」ためのワークショップ型防災教育とは何か? その技法を体験する。
実習   『コミュニケーションデザイン相互実践』 相互ワークにむけての準備
7/26(日)10:00~18:00 演習 蓮行 演習7
『ワークショップとは? 演劇を活用したアクティビティとファシリテーション応用編』
演劇ワークショップの実践と通じて、演劇ワークショップのメカニズムデザイン・ファシリテーションを学ぶ。
実習 蓮行 コミュニケーションデザイン相互実践 発表 それぞれのグループによるアクティビティの相互実践を行う。

※各日の講座内容は、変更になる場合があります

(エクストラ講座)
*本講座を欠席した受講生向けの補講講座となります。
8月2日(日)10時〜13時/14時〜17時
8月16日(日)10時〜13時/14時〜17時

 

講師プロフィール

仮

いいむろなおき 
マイム俳優・演出家・振付家

兵庫県立宝塚北高等学校演劇科卒業後、1991年に渡仏。パリ市マルセル・マルソー国際マイム学院入学。1994 年同学院卒業後、ニデルメイエ国立音楽院コンテンポラリーダンス科最上級クラス入学。翌年、審査員全員一致による金賞で首席卒業。1998 年に拠点をフランスから日本に移し、「いいむろなおきマイムカンパニー」の名称で活動開始。舞台公演、ワークショップや外部指導、マイム演出、海外フェスティバルへの参加等、幅広く活動中。

[受賞歴等]
2005年 平成17年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修員
2009年 第3回世界デルフィックゲーム大会[即興マイム部門] 金メダル受賞
2011年 平成23年度兵庫県芸術奨励賞受賞
2019年 第8回 KOBE ART AWARD 大賞受賞




仮

岡田 浩(おかだ ひろし)
京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野

社会の高齢化と生活習慣の変化に伴い、糖尿病や高血圧といった生活習慣病患者は年々増加している。この変化は医療者-患者関係にも影響を与え、従来の急性疾患モデルから、患者の自己決定をより尊重する、エンパワーメント・Patient Centered Careといった概念が急速に広まっている。本講座では、日本で実施された薬局での薬剤師による糖尿病と高血圧患者への介入研究:COMPASSプロジェクトを題材に、医療者による慢性疾患患者の支援方法について紹介する。





奥野先生

奥野 美里(おくの みさと)
ワークショップ・デザイナー/グラフィック・ファシリテーター
生涯学習財団認定ワークショップ・デザイナー

場の一体感を高め、空虚な議論のキャッチボールを暖かい対話に変えるパワフルな手法、グラフィック・ファシリテーションに出会い、自らもワークショップのツールとして、まちづくりや組織開発、オープンイノベーション、マーケティング等、異なる背景・文脈を持つ人々が対話する場、協創する場などで活用している。
現在は特に、グラフィック・ファシリテーションのもう一つの効用「受け止められたという実感」に注目。「グラフィック・ダイアローグ」と称し、1対1または少人数、あるいは大人数での対話の場での活用と効果について、仲間とともに研究・実践を重ねている。





朽木先生

朽木 順綱(くつきよしつな)
大阪工業大学ロボティクス&デザイン工学部空間デザイン学科准教授

1975年生まれ。京都大学工学部建築学科卒業、同大学大学院工学研究科修了。株式会社昭和設計、京都大学助手、助教を経て、2012年より大阪工業大学工学部空間デザイン学科准教授ののち,現職。 専門は建築論,建築デザイン,近代建築史。主に,内外の建築家の思想や作品の成り立ちをたどり,芸術論や哲学思想などにも参照しながら,時代を超えて名作と称される建築空間に秘められた謎解きを行っている。「建築」を「建物」というモノの視点から捉えるだけでなく,人が暮らし,憩い,活動する空間や場面としても捉え,人々の豊かな生活を支える上で欠かせない環境にはどのような特質が求められるのかを探求している。 近年では,プロジェクションマッピングやワークショップスペースのデザインなど,人々の創造性を刺激するしつらえについて,実験的な制作活動を行っている。




塩瀬先生

塩瀬 隆之(しおせ たかゆき)
京都大学総合博物館准教授
専門:システム工学、インクルーシブデザイン、コミュニケーションデザイン

工学、情報学、心理学、認知科学などさまざまな観点から、「伝わるとは何か?」というコミュニケーションの根源的課題を探求する。
師匠−弟子関係の徒弟制度で伝える京都伝統産業の技能継承から、コンピュータを導入したシステムによるものづくり企業の技術伝承まで、幅広く「伝え方」について研究している。
多様なユーザがデザインプロセスに加わることで社会の革新を目指すデザイン手法であるインクルーシブデザインを専門とし、インクルーシブデザインを企業における商品開発や小中高生のキャリア教育にも採り入れている。

[著書]塩瀬隆之「インクルーシブデザイン:社会の課題を解決する参加型デザイン」学芸出版社,2014年




城下先生

城下 英行(しろしたひでゆき)
関西大学大学院社会安全研究科・社会安全学部准教授
専門:防災教育、自然災害科学

専門分野は防災教育、自然災害科学。知識・技術の一方向の伝達という防災教育観の問題点について防災と学びの両側面から検討し、そうした防災教育観をも包摂する、より拡大された防災教育のあり方について模索している。現在は、本物の防災活動に参加することそのものを防災の学びと捉え、そうした学びの機会へのアクセスの提供が防災教育であるという立場に立ち、実践的な研究に取り組んでいる。
また、諸外国における防災活動の中から防災の学びを発見するための国際的な研究も行っている。

[著書] Shiroshita, H. (2018) Is Disaster Education just Knowledge Transmission? Co-learning and Disaster Governance in Japan, in Forino, G., Bonati, S., Calandra, L.M. (Eds) Governance of Risk, Hazards and Disasters: Routledge, pp 274-278.
城下英行「防災共育を実現するために」関西大学社会安全学部編『防災・減災のための社会安全学』,ミネルヴァ書房,2014.
[論文] 城下英行,第3の時代の防災教育に向けて,社会安全学研究,7巻,pp.97-105,2017. 岩堀卓弥,矢守克也,城下英行,飯尾能久,米田格,防災教育における「伝達型」・「参加型」モデルの関係性―満点計画学習プログラムをめぐってー,災害
情報,14巻,pp.140-153,2016.




rengyo

蓮行(れんぎょう)
劇作家、演出家、俳優、劇団衛星代表
大阪大学大学院人間科学研究科特任研究員

「小劇場での演劇でしか絶対に表現できない舞台表現」を極めるべく、1995年に劇団衛星を設立。京都を拠点に、既存のホールのみならず、寺社仏閣・教会・廃工場等「劇場ではない場所」で公演を数多く行い、茶道劇「珠光の庵」や裁判劇「大陪審」などの代表作を全国で上演する。 同時に、演劇の持つ社会教育力に着目し、そのポテンシャルを利用したワークショップ事業を多く手がける。並行して研究活動に取り組み「演劇のないところに演劇を送り込む」活動を幅広く展開している。

[著書]蓮行,平田オリザ「演劇コミュニケーション学」日本文教出版,2016年 / 平田オリザ,蓮行「コミュニケーション力を引き出す:演劇ワークショップのすすめ」PHP新書,2009年